自家採取を続けたこだわりの雑穀 『雑穀グラノーラ』

自然農法家が作ったグラノーラ
本日デビューです

長年自家採取を続けたこだわりの雑穀で
『雑穀グラノーラ』作りました

メタボ改善効果がある もち麦と イソフラボンたっぷりの大豆を
使ったこだわりのグラノーラです

原料を素焼きしただけのスナック菓子のようなサクサクした食感です
自然栽培の本来の上品な味を楽しめます

塩分 砂糖 油分など不使用なので
メタボ改善になり現代人にお勧めです

子どものおやつビールのおつまみなど幅広く食べていただけます
まさに自然農法家が作ったヘルシーグラノーラです



(綺麗なフェイスの新商品・美しいだけでなく美味しいのです)


『雑穀グラノーラ』の原料
もち麦 黒米 白大豆 黒千石 緑大豆 赤大豆
内容量140g

『どうぞそのまま食べて』の原料
黒千石 白大豆 緑大豆 赤大豆
内容量80g


4月18日~19日の両日マルシェがありました
色あいが美しく 美味しいので評判がよく
おかげで完売しました



写真は試食する親子

『雑穀グラノーラ』680円 2個で1200円
『どうぞそのまま食べて』350円 3個で1000円




商品に込める思い
グラノーラにしても子供のおやつにしても砂糖たっぷりの商品が広く販売されています
食品添加物を不使用としても糖分取過ぎが心配です

私がお勧めする『雑穀グラノーラ』と『どうぞそのまま食べて』は味付けなしの
素焼き食品です、
長年土壌を清浄にした無肥料自然栽培ですから味付けしなくても
素材の味だけで十分に勝負できる美味しさです


食べ方
①そのまま食べる
②野菜サラダやスープにトッピング
③ビールのつまみ 子供のおやつにお勧めです
④手作り振りかけ
 削り節 干し海老 青海苔 昆布 胡麻など空煎りし水分をとばし本品を加え
 粗く砕く
お試しください どこの振りかけより美味しい振りかけになります

皆様の食卓に上る日をお待ちしています

もち麦の中耕除草


昨年12月 大豆の収穫作業が長雨で大幅に遅れ
後作の麦の播種が一ヶ月以上も遅れました

熊本地方では麦の播種は11月20日頃がベストですが12月後半にずれ込みました
播種が遅くなると発芽と成長が遅くなり収量が少なくなります


写真のもち麦は寒い冬に耐え少しず成長してきましたが
3月になり暖かくなると急に大きくなります

同時に目立ってくるのが畝間の雑草です
小さいうちにロータリーカルチで耕し除草します

ロータリーカルチとは作物の間を耕し除草をする機械の事です
ご覧のように畝間が綺麗に耕され雑草には土をかぶせれられています






当然ながら自然栽培では除草剤は使いませんので
この作業は春の重要な作業になります
このような丁寧な作業風景は最近少なくなりました


近年は効率だけが求められ 多くの農地に短時間で済む除草剤を散布する農家が増えています 
命をつなぐ大切な食べ物の生産現場であるはずが残念な現状です


この無肥料自然栽培のもち麦は5月下旬に収穫され「幸福の五穀」「胚芽もち麦」
「十穀グラノーラ」「もち麦シリアル」「胚芽麦みそ」などの原料になります


もち麦は穀類の中で最大の水溶性の食物繊維ベータグルカンを多く含んでいます
なんとごぼうの2倍 サツマイモや玄米の5倍もある驚きの食品です

主な機能は
①血中コレステロール低下 ②食後血糖値の低下 ③メタボリックシンドロームの改善
④高血圧の低下 ⑤腸内環境改善 便秘解消などの効果が明らかになっています 

糖尿病や癌予防 ダイエット効果など現代人に必要不可欠な成分が豊富に含まれています


ほかに小麦を栽培していますが「そうめん」や「うどん」に加工してお届けしています

早く消費者の皆さんにお届けできるよう順調な成長を祈るばかりです