主な作物

モチ麦
日本人が健康だった時代の食べ物です。
 

大麦の一種で5月に可憐な紫色の穂を出します。
穀類の中で最も多くの糖化酵素を含み、消化を助ける働きがあり、とろろ汁のご飯などに使われています。
大麦を醗酵したものをモルトと言い古来からビール、ウイスキー、味噌、麦芽糖など世界中で醗酵の原料に使用されてきました。

モチ麦はベータグルカンが多く含まれ血中コレステロールを下げる働きがあり、大腸がんの予防効果が注目され、機能性食品として見直されています。

この農地は蘇生水素水で土壌改良が進み還元電位が低くなっています。穂が出る時期は植物から放出される大量のマイナスイオンを体感できます。麦の中を歩くと身体が軽くなり、頭が重い方はスッキリして不思議な体験が出来ます。

写真は2月に行う中耕除草作業で、耕しながら除草をしているところです。
300坪の農地の作業時間は約30分ほど掛かります、除草剤を散布すれば5分も掛かりません。
最近では低コスト化で安心 安全の掛け声とは逆に除草剤を使用する方が増えているのが現状です。
無農薬 無肥料 無堆肥での栽培は生産者が極めて少なく貴重なモチ麦です。
麦味噌 幸福のモチ麦 幸福の五穀 の原料です。 自家採種使用




紫黒米
 


早生の黒米でモチ性がありご飯に入れるとモチモチし、抗酸化物質のアントシアニンを豊富に含んでいるため
炊飯するとピンク色の綺麗なご飯に変わります。

出穂が不ぞろいで自然栽培では収量が少ない上に最近の異常気象で色にむらが出やすく栽培しにくいお米です。

農薬や化学肥料 堆肥など使用せず蘇生水素水で土壌を蘇生した農地で育った自然栽培の作物です。
触媒効果があり不味いお米に入れると新米みたいに美味しいご飯になります。
五穀の原料です。 自家採種使用




赤米
 


晩生性の赤いモチ米です、一番初めに田植えし最後に収穫をします。
稲の背が高く台風が来ると倒伏の危険性があります。
2カップのお米に大さじ1杯ほど入れると白いご飯に赤米が赤飯みたいになります。

農薬や化学肥料 堆肥など使用せず蘇生水素水で土壌を蘇生した農地で育った自然栽培の作物です。
触媒効果があり不味いお米に入れると新米みたいに美味しいご飯になります。

写真は田植風景です

幸福の赤米 五穀の原料です。 自家採種使用





黒千石大豆
 


畑のお肉と言われるくらい良質な植物性たんぱく質を多く含む幻の大豆です。
イソフラボンやポリフェノールを多く含み、米国立ガン研究所で乳ガンや骨粗しょう症の予防効果が明らかになっています。
更年期 2型糖尿病の改善効果も期待され、現代人には必要不可欠な食品です。

長年 農薬や化学肥料 堆肥など使用せず蘇生水素水で土壌を蘇生した農地で育った自然栽培の作物です。
触媒効果があり料理に少し加えるだけで旨味が引き出され美味しくなります。

写真右は大豆の収穫風景です。

幸福の五穀 黒千石茶 黒千石きな粉の原料です。  自家採種使用 





緑モチ











緑色をしたモチ米でモチモチとした食感が大人気です。
一面に広がる赤紫の穂が風に揺れると古代を連想させるような幻想的な光景になります。

出穂が不ぞろいで背が高く、自然栽培では収量が少なく幻のモチ米と言われています。

農薬や化学肥料 堆肥など使用せず蘇生水素水で土壌を蘇生した農地で育った自然栽培の作物です。

五穀 お餅の原料です





還元米 純粋米
「病のない幸せな家庭」の願いを込めて育てた私の自信作です。
 


20年前後以上の長い間、無農薬 無肥料の農地を蘇生水素水で土壌を蘇生し、自家採種の種子を使用した究極の自然栽培のお米です。
無肥料 無堆肥栽培のため小粒ですがエネルギーが高く、不純物を含まない純粋なお米でです。
触媒機能があり1~2粒の玄米を焼酎や醤油に入れるだけで味が変わります。

還元米は食べるとき咽の通りがよく食欲がない方でも思わず食べ過ぎるくらいです。

写真は還元米の玄米です、色白で艶のある肌をしています。
主食用の八分搗きや白米が人気が高く、甘酒麹 玄米粉の原料です
自家採種使用(ヒノヒカリ ヒカリ新世紀 伊勢ヒカリ 秋さやか モチ米)

私設研究所

腐敗する作物
最近冷蔵庫の中で一週間ももたず溶けるように腐敗する野菜を良く見かけます。
冷蔵庫の無い時代常温でも野菜は腐敗することなく長く日持ちしました。

何故 こんなにも日持ちしない野菜が増えたのでしょう。
周囲を見ると比例して病人が多いことにきずきます。
30兆円と言う膨大なお金を費やしても増え続ける病気。

原因は食にあります。
長年使用し続けた農薬や化学肥料 酸性雨などの化学物質の影響で、土の電子が狂い生命力に乏しい作物が増えています。

お米も水の中に入れておくと一週間もかからず濁ってきて腐敗臭が鼻をつくように変化します。




よく観察すると左のお米からはドロドロとしたヘドロのようなものが出てきています。


抗酸化のお米
しかし一方何年置いても変わらないお米もあります。
    
 17年産のお米です。
数年経過していますがいまだに水はすんだままです。

これらのお米が取れた田んぼの土の酸化還元電位(ORP)を測るとその違いが良くわかります。
上は+400前後の数値を示し、下は±0前後の数値を示しました。
長年無農薬 無化学肥料の農地を更に蘇生水素水を撒き正常な電子を補給し土壌成分を蘇生し、還元型の土作りを心がけています

酸化還元電位は酸化するほどプラスに傾きます また酸化とは逆の還元はマイナスに傾きます。
マイナスに傾くほど電子の働きが正常になり抗酸化の健康に良い作物が育ちます。


還元土壌
ではどのようにしたら還元土壌ができるのでしょうか。
いくつかの条件があります。
①農薬や化学肥料など不純なものは一切入れない。
②菜種などの油粕や魚粉などは酸化に傾きやすく使用しない。
③酸化した家畜糞尿を入れない(ほとんどの家畜堆肥は排泄された後、自然に任せて水分をとばします。その時点で空気に触れて酸化しています。その後醗酵させますが所詮酸化型の醗酵です。
 (蘇生水素水を飲んでいる家畜の堆肥は酸化型になりにくい)
④蘇生水素水を撒き土全体をよく攪拌し正常な電子を地中深く転写します。
  蘇生水素水は安定した活性水素を多く含んだ水です。

写真は20年ほど農薬や化学肥料を使用していない農地に蘇生水素水を撒いているところです。
このあとトラクタで深く攪拌します。
この作業を何回も繰り返し還元電位±0~-100を目標に土壌を蘇生します



土のオーラ
特殊な写真で土が出すエネルギーを見ると違いがはっきりします。
土から出ているエネルギー(オーラー)の写真です。
酸化土壌からは弱弱しい光が出ていますが還元土壌からはまばゆいほど多く出ています。
  




尿酸結晶体
    


顕微鏡で土をのぞくと長年使用した農薬や化学肥料が形を変え農薬結晶体や尿酸結晶体として残留しています。
写真中央の透明のガラス状は尿酸結晶体です。


波動測定
土壌蘇生が進むと農地が変わります。
土の波動を測定をしたら下のような結果が出ました(mex21)。



田んぼの土 田んぼの土
ストレス症 18 マグネシウム 17
環境ストレス症 19 硫黄 19
免疫機能 18 19
幸福 18 マンガン 18
酸素 19 ホウ素 19
窒素 19 亜鉛 19
リン 18 モリブデン 19
カリウム 18 19
カルシウム 18 塩素 20



この農地で育ったお米(還元米)の波動値は

玄米 胚芽 白米 モチ麦 味噌
ストレス症 18 18 17 18 18
環境ストレス症 19 19 19 19 18
免疫機能 18 18 17 18 17
肝臓 18 18 18 18 18
腎臓 18 19 18 19 18
ホルモン 19 19 18 18 18
血液循環 19 19 18 19   18~19
自立神経 19 19 18 19 18
ミネラル欠乏症 18 19 17 18 18
グルタミン 19 19   18~19 19   18~19
蛋白 19 19 19 19 18
幸福   19~19 19   18~19 19 18
波動数値は通常健康な人間の波動は11~12を示します。
15以上の数値は薬効のレベルと言われていますが、農薬や化学肥料を使用する慣行農法では、多くの場合5~10の数値を示します。



血流の変化
還元米を胸に当てるだけで指先の抹消血管を流れる血液が多くなります
      
      最高血流:11.4cm/秒流れていた血液が14.3cm/秒 
      平均血流:5.8cm/秒     〃      8.8cm/秒  
      に改善します(2分後の計測)




味の変化 アンチエイジング
お米も古米になると酸化して味が悪くなります その中に還元米や幸福の五穀を大さじ1~2杯入れて炊飯するとお米の味がぐっと良くなります。
まるで新米を食べているようです。
お米から出ているマイナス電子が酸化した古米を還元したのです。

人間も加齢(エイジング)にともない金属が錆びるのと同様に酸化して行きます。
一方 酸化と逆の還元は錆を抑制 または元に戻す働きです。
自然純粋栽培の作物は還元エネルギーが強く酸化した身体を中から修復し、正常な電子を補いアンチエイジングにつながる食べ物です。

昔の「氣」と言う字は中に「米」と言う字が入っていますが本来お米はエネルギーの塊みたいな存在だったと思われます。

環境汚染が進んだ現在このような還元力を兼ね備えたお米は残念ながら一粒も無い状態です。

土壌蘇生には多くの時間と労力が必要ですが自然農法家として「病なき世界の実現」を目標に国家医療費削減の一役を担いたいと言う思いを胸に農業を楽しんでいます。

「自然純粋栽培」とは・・・外部から何も持ち込まず、その農地で育った有機物だけで栽培し、蘇生水素水で土壌を蘇生した究極の自然農法のことです。
不純物を含まない純粋で高波動の作物が育ちます。





自然農法家の思い切り発言



  最近、溶けるように腐敗する野菜が多い事に気づきませんか!
一週間ももたず腐敗するなんて おかしい・・・?  と思いませんか、
しかも冷蔵庫の中で…

腐れやすい食材・・・それは『食べ物』ではありません。
そんな食材を買い求めて 食べるから『癌』になるんです!


『何故腐れるか・・・』 
生産方法が間違いなのです。

「大きく…沢山…美しく…」作る為に農薬・肥料を使い過ぎるのです。
栄養を沢山与えて育った野菜、形は大きくてメタボな野菜、沢山採れてメタボなお米、
それ自体が すでに病気なんです、生命力に乏しくすぐに腐れるんです。

『お米の腐敗実験』 

(腐敗系のお米)
お米と水を容器に入れ戸外に放置したら、一週間ほどで黒く変色し、
異臭を放ち 腐敗した。

実は安全と言われている○○農法のお米なんです。
家畜糞尿を多く使うと このように成りやすいようです。
最近この様な食材が多くなっています。

此のガラスの容器が 貴女だったら… お腹の中が真っ黒… 恐いですね




一方こちらは 私が育てたお米(抗酸化系のお米)

同じ実験をして、変色もせず、腐敗もしません。
6年以上(平成18年産のお米)経過して、今でも綺麗なままです。

肥料も農薬も使用せず、土の力を発揮させる自然農法の農産物は
春に勝手に出てくる筍、ワラビ、蕗のように精が強いのです

変質しにくく 美味しく、生命力が強く、最高の食べ物なんです。


皆さんは どちらのお米を食べたいですか・・・!

なにげない普段のお買いもの…今日手にする食品があなたとご家族の人生を左右します、



もし食料が無くなったらあなたは何を食べますか・・・

地球規模で起こる異常気象、バイオ燃料の増加、世界人口の増加、食料の自給率が40%をきっている今、最も深刻に考えなければならない事柄です。

以前、恩師が話していたこがあります。
「食料が無くなるときが来るよ。
 それはほんの一時期の自然災害で収穫が皆無になる
 そんなには長く続かないが一ヶ月も食べられないとほとんどの人が生きてゆけなくなる。」

聞いたのは温暖化や異常気象などの言葉を耳にしなかった30年ほど前のことです。
最近の気象を考えると現実化するかもしれない、と思っています。


  伝染病がはやって町から町へ行けなくなる
  一家 全員隔離される時代が来る
  町ごと隔離される 


40年ほど前に聞いた話です、その時は伝染病と言ったら赤痢とかコレラしか思いつかず、そんな事ありえない、と思っていました。
しかし数年前 SARS で中国へ渡航できず一時隔離状態になったことがありますね。
その後鳥インフルエンザのニュースがありパンでミックの映画が上映されるくらいです。
「町が隔離される」想像もつかないことがすぐそこまで来ているようです。

日ごろから本物の食べ物で免疫力を付けて置く必要があります。


お茶わん一杯のお米のはいくら
10キロ3000円のお米を炊飯すると、お茶碗の大きさにもよりますが一杯20~30円ほどになります。

缶コーヒーやジュースでさえ100円以上する時代に命をつなぐ大切なお米がこんない安いなんて、おかしな価値観ですね。

本来食べ物は価値観の上位に来なければいけないはずですが、残念ながら疎かにされている様に思います。
その結果が医療費の増加として現れています。

ちなみに一杯100円のご飯は10キロで15000円ほどのお米になります。





人生を変えた言葉

「人間は想念しだい」
 感謝が感謝を生み、不平が不平をよぶとは正に真理だ。
何となれば感謝の心は神に通じ、不平の心は悪魔に通ずるからだ。
この理によって常に感謝をしている人は自然幸福者となり、常に不平不満や愚痴を言う人は不幸者になるのは事実だ。
「喜べば喜び事が来るぞよ」
とは正に至言である。

 この短い文章は自然農法の提唱者でありMOA美術館の創設者である「岡田茂吉師」のご論文です。

20年前 妻に先立たれ健康 経済 人間関係をはじめ何もかもうまく行かず失意の時期に
当時小学生の四人の子供たちと声をだし毎日言い合った言葉です。
10年ほど苦しい生活が続きましたが11年目に信じられない様な幸せが突如としてやってきました。
お蔭さまで子供たちは素直に成長し健康で明るい大人になっています。

幸せに成る秘訣それは「感謝の想念」だと思います。
感謝のあるところ個人も家庭も職場も明るくなります。
「感謝」「ありがとう」の心や言葉が広がれば
世界中から争いがなくなり住みやすい社会が出来ると確信しています。

先ずは隣にいる人にありがとうの声をかけましょう。

最後まで読んでいただき ありがとうございます。




代表挨拶

 あなた様とお米を通し ご縁があったことに感謝申し上げます。

このお米は農薬や肥料を一切使用しない農法『無肥料自然栽培』のお米です。
地球から湧き出でる生命力を発揮させ 時間と手間と愛情をかけて育てました。
ご家族の健康と長寿の願いを込めてお届けしています。 


 そもそも私たちの遠い先祖は太古の昔、地球環境の変化と偶然が重なり奇跡的に発生したと
いわれています。


天をます木々も 大地を覆い尽くす雑草も全て地球から自然発生したものです。
春に芽吹き 冬に枯れ、命あるもの全てが季節の移ろいと共に輪廻を重ね、土から生まれ土に帰り、数百億年もの時が過ぎて今なお続いています。


それは地球が持つ最大のシステムです。
その地球のシステムにより大小の様々な生物や植物が生かされています。

そのように考えるとこの地球には生命を生む無限の力が備わっているようです。
肥料として使われる窒素も地球から発せられるエネルギーの一つです。
太陽と月と地球の融合したエネルギー それが生命を生み育てていると言われています。


そのような悠久の出来事からすれば農薬や肥料など取るに足りない歴史にしか過ぎません。
いわば小手先の技術により現代文明は成り立っているようです。



アダムとイブが食べた禁断の木の実、
もしかするとそれは農薬や肥料かもしれません。


本来食べてはいけない反自然の食物を食べた結果
人類は癌を始め様々な病に悩み苦しむようになった…
のかもしれません。


この様な憂いを予測し、
昭和十年に岡田茂吉師により
提唱されたのが自然農法です。

農薬はおろか肥料も一切使わずお米を育てる…
此の非常識とも思える自然順応の農法が今静かに広がっています。


私は平成の年代に変った年に家族の命を守る為に自然栽培を始めました。
お陰様で子供たちは身心共に健康に育ち、7人の孫までアトピー知らずで元気です。
今では様々な悩みをお持ちの方を始め 多くのご家族に届け また喜んで戴いております。


無肥料自然栽培は『地球のシステム』に沿った農法であり、地球から湧き出でる『霊気』を食する農法です。
食事をすることで大自然との調和を保ち 結果真の健康が得られます。

自然順応か反自然か…それはあなたとご家族の人生をも左右する選択と言っても過言ではありません。

なぜならば『人間は食べたもので作られる』からです。

何気ない日々のお買い物…今日あなたが手にするものはどちらですか…!


ご家族の健康と長寿を祈念します。



おがた健康農園 緒方弘文
〒861-3242 熊本県上益城郡甲佐町糸田1168
電話096-234-1404
e-mail  okome55ogata@yahoo.co.jp
http://ogata55.com







理念



○理念
目標は『病なき世界の創造』
その為に無肥料自然栽培の農産物を純粋なまま食卓に届け 
健康で幸せな家庭と社会づくりを目指す

○こだわり
  『一切の農薬の不使用、 除草剤の不使用』
種子の段階から収穫まであらゆる農薬を不使用です

  『一切の肥料の不使用』
化学肥料 ボカシ肥料 家畜糞尿堆肥を一切不使用です

  『土の清浄化』
前作の残渣のみを鋤き込み 外部からの有機物等の持ち込みをせず 
自然生態系サイクルを重要視し土を清浄化しています
(生産過程で発生する籾殻 糠は処理に困り 一部の圃場に廃棄しています)

  『自家採種を基本としています』
長年自家採種を行い、種子に残量する農薬、肥料成分の無毒化を計り
健康な種子を残す事を心がけています



おがた健康農園
熊本県上益城郡甲佐町糸田1168
お問い合わせ   電話096-234-1404 携帯090-1080-2621
e-mail okome55ogata@yahoo.co.jp
http://ogata55.com